column
コラム
  • その他
2022.10.25

【ユートピア流契約までの流れ】②

岡崎市で高気密高断熱の注文住宅を手がけるユートピア建設です。
前回に続き、契約までの流れがどのようなものかをご説明します。

契約までの流れ

土地をお持ちの方

土地をお持ちの方の場合、建築士が敷地を実際に見せていただきます。一緒に日当たりや眺望などを確認し、大丈夫となりましたら、お客様のご自宅をお訪ねしてご要望の確認をいたします。

土地をお持ちでない方

土地のヒアリングを建築士が行ないます。みなさんがいいと思う土地はやはり価格が高いので、弊社では「マスト(絶対叶えたいこと)」と「ウォント(できれば叶えたい)」を確認させていただいてから、条件に合う土地を選んでいきます。

候補地見学には、建築士が同行させていただきます。その土地のいいところ、あまりよくないところを建築士の目線からお話しし、アドバイスをいたします。たとえば土地の形が悪くても、工夫をすれば希望の家が建てられることも多々あり、そういったご提案ができるのもユートピア建設の建築士の腕の見せ所です。

お住まいの家をお訪ねし、収納を把握

銀行のローン申し込みが済み、土地もOKとなりましたら、ご要望の確認(住まい方のヒアリング)となります。
建築士がお客様のお宅を訪問し、特に収納についてじっくりお話を聞かせていただきます。

多くの方が収納はたくさん欲しいとおっしゃるのですが“たくさん”がどのくらいなのかを把握するために、家の中にあるモノの量を見せていただくわけです。
初めて家を建てるお客様は要望を全部伝えきれていないこともあるでしょうし、使いにくい動線になっているということに気がついておられなかったりもします。
お客様が口に出せない要望、自覚していない要望を建築士が実際に行って見せていただくことでくみ取っていきます。収納はこのくらいあればよいのでは、改善案はこんな感じで、こうしたら住みやすくなりますよなどなど、客観的なご提案がしやすくなります。
「丁寧にヒアリングしてくれて嬉しかった」というお声をいただくと、弊社としても励みになります。

このあとプランのご提案→見積もり→契約という流れです。